このCDのお話です。

よかったら読んでください。


この度、1曲ではありますが、音楽を通して幸せを届けたくて…


私は、2年前、音楽を再開するにあたり過去の活動も踏まえて何かを常に探しておりました。

演奏、ライブだけではなく、音楽を通じて誰かの為に何かできたらいいなと。


私生活では、ハンドメイドのお店「天使の小箱」に出入りしております。

東日本大震災後、1週間足らずで発足した被災地応援活動。タイトルが「笑顔の花束」でした。

そこの先生たちも作品を通してなにかに携わりたいという想いもあり

同じ意識を持った方々が集まりこのような活動が展開されました。


何もできないではなく、何らかの形でお手伝いしたい。

小さきものでも人数が集まれば大きくなる…。

そのようなことから、売り上げの一部を義援金として贈るという結論に達しました。


この曲は、震災後、4年経ち周囲のそのような活動が薄れていく中、思いがけず出来上がった曲でもあります。

この取り組みは単なる独りよがりかもしれません。そして最初は一人かもしれないです。

だけど、誰かが気にかけてくれるそれだけで、笑顔の花は咲いていきます。

微々たる気持ちで十分。長く支援し続けることが大事だと信じてます。

この気持ち、みなさんにも届きますように。

そしてたくさんの「愛の花」で「笑顔の花束」が届られますように。

突然の意思表明にも関わらず、賛同してくださった「天使の小箱」の皆様、本当にありがとうございます。


                   2015.3.11.   ミカジョー


☆このCDは、2015年3月11日より、笑顔の花束チャリティー企画を続けられてる「天使の小箱」ならびにミカジョーライブ会場にて販売開始します。

共感していただけた店舗並びにオフィス等ございましたら、是非、CDを置かせてくださいね。もちろん個人でも構いません。

どうかよろしくお願いいたします。